ドローンをとばすには・・・

屋内で飛ばすには航空局の許可の必要はありません。 ただし屋外で飛ばすには注意が必要です。

上記(A)(B)(C)では許可が必要です。

その他ドローンを屋外で飛ばすルールとして・・・
[1] 日中(日出から日没まで)に飛行させること
[2] 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
[3] 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
[4] 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
[5] 爆発物など危険物を輸送しないこと
[6] 無人航空機から物を投下しないこと
   

また、上記の条件では承認が必要となります。

※飛行の際に飛行に応じて撮影依頼者やイベント開催者との調整、警察等各関係機関への届け出も大事です。

航空局HPより~『無人航空機を飛行させる場合には、都道府県・市区町村等の地方公共団体が定める条例や

小型無人機等の飛行禁止法」等により飛行が禁止されている場所・地域がありますので、地方航空局への申請にあたっては、

必ず、飛行を希望する地域で無人航空機の飛行が可能か確認し、必要な手続きを済ませていただきますようお願いします。』

飛行を行う場合の手続詳細  

無人航空機飛行許可の申請方法は3通り

1:オンライン申請→ e-Gov

2:持参する

3:郵送

2と3はお住まいの地域によって申請先が変わります。 東日本の方新潟県・長野県・静岡県以東の住所の方

〒102-0074東京都千代田区九段南1-1-15九段第二合同庁舎

「東京航空局保安部運用課無人航空機審査担当」

西日本の方富山県・岐阜県・愛知県以西の住所の方

〒540-8559大阪府大阪市中央区大手前4-1-76大阪合同庁舎第4号館

「大阪航空局保安部運用課無人航空機審査担当」