新飲食店営業許可申請

食品衛生法の改正に伴い HACCP書類を必要とする 新飲食店営業許可となります。

食品の製造過程の管理の高度化に関する基本方針が平成25年暮れに既に厚生労働省から出ています。 製造過程の管理の高度化の基本的な方向ということでHACCPが注目されました。   東京オリンピックやワールドラグビーなどの開催を控え、日本へ来る外国人観光客を視野に
  1. 食品の安全性の向上と品質管理の徹底
  2. 食品に起因する衛生上の危害の発生の防止
  3. 適正な品質の確保
のため ”国際的管理基準の食品製造過程の標準化” を図ることが社会的急務となっています。 今年第196回国会においてついに厚生労働省から食品衛生法の改正が提出され平成30年6月7日可決13日公布されました。 飲食店、食品製造の現場、食品提供サービスを行う施設などなど 既存、新規問わずHACCP書類が必要となる方針です。        
HACCP書類作成等サポートのお問い合わせはこちらからおねがいいたします 『日本ISOコンサルタント』

業務のご紹介